お醤油選びは重視しています

お醤油は料理によく使うので、けっこう味を比較して何種類か使ってみました。値段も幅広くお醤油はありますし、種類も沢山あるので何が一番いいのか良くわからず使っていましたが、やはりこのお醤油はとても美味しいと思えたのは、国産大豆をなるべく多く使ったもので、外国産の大豆を使用していても遺伝子組換えの疑いがない大豆を使っているお醤油を購入するようにしています。また、お醤油の熟成方法によってまろやかさ加減が大きく違いが出てくるので、丸大豆を原料にし、木桶で1年間ほど天然醸造したお醤油を購入しています。煮物を作った時もお醤油の旨味が増しているので、とても美味しいですし、テリも出るので味が引き立ちます。お醤油は日常的によく使うので、けっこう調味料の中でも頻度が高いです。ニンニク醤油を自家製で作っておき、お肉に浸すと時短料理になるので、お醤油の味が良いと何の料理でも引き立ち、時短になるのでけっこう熟成方法は大切だと分かりました。