お酢でドレッシングを手作りしよう!

手作りドレッシングで健康な毎日を

野菜を食べることが大切とわかっていても、毎日食べることが嫌と思うことがありますね。それはなんといっても、同じドレッシングであることなんです。同じ味であると、飽きてしまうのです。その時、お酢や合わせ酢でドレッシングを作ることにより、とてもフレッシュな味にすることができます。今日はどんな味が食べたいかと思った時に、その味に合わせることが出来るのです。そんな美味しいドレッシングを、自分で作ってみましょう。自分で作ると、格別に美味しいです。自分好みの味にすることができるので、とてもいいですね。また、油について控えることもできるし、塩なども少なくして健康を重視したドレッシング作りにすることができます。ぽん酢のような味だけど、そこまできつくない通販で人気のドレッシングぽん酢が非常にまろやかで、そのままドレッシングにかけることもできるので、そういった商品をドレッシング代わりに使うのも良いかと思います。ノンオイルですしね。

でもやっぱり自分で作るドレッシングはおいしいですよね。今回は数種類のドレッシングの作り方をのせておきます。

ドレッシングなら手作りが一番!

・にんにくドレッシング
にんにくは、疲労回復に欠かすことができない食材です。そのにんにくをふんだんに使うことにより、風味豊な味にすることができます。サラダ油と、塩、にんにくすりおろし、お酢を混ぜるとそのドレッシングにすることができます。ちょっと酸っぱいところが、とてもアクセントになり野菜をバクバク食べることができますよ。イタリアンを食べる時に、そのにんにくドレッシングで野菜サラダをつくるととても合います。

・レモンドレッシング
さっぱりとした味にしたい時には、お酢とレモンの風味を加えましょう。これは、白身魚のソースとしても使うことができます。魚の風味を損なわせず、魚臭さをとることが出来るので、とてもおしゃれな料理になります。

・トマトザクザクドレッシング
シンプルなお酢とサラダ油、塩を混ぜたものに小さくカットしたトマトを加えてドレッシングにします。すると、焼肉をそれで食べることもできます。また、それをフランスパンに乗せて食べても美味しいです。チーズとの相性もいいのでチーズにかけて食べることもおすすめします。

・梅ドレッシング
梅は、日本料理に合わせる食材としてとても合います。その梅を小さくカットして、豆腐などと合えると美味しいです。